「働き方」は「生き方」である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パラレルワーカーの加藤慶一です。

 

長年、平日はサラリーマン、土日祝日は個人事業主と複数の仕事をするパラレルワークという働き方をしてきました。

 

もちろん今も継続しています。

 

「よく休みもなく働いてますよねー」

 

って聞かれることがたくさんあります。

 

 

でも、僕の中では結構休んでるんですよね。もちろん1日まるっと休むことはそんなにないですが、それでも休んでいないっていう認識はありません。

 

たぶん、働くことが寝るとかご飯食べるとかそういう日常の当たり前の行動と同じ認識なんだと思います。

 

これって特殊でしょうか?

 

特殊だと思われた方は「働くこと」自体を特殊な行動だと思われているかもしれません。

 

確かに好きではない仕事や肉体的にも精神的にもツライ仕事をしている方もいるでしょう。

 

それでも僕は、皆さん全員に「働くこと」をもっと楽しい行動にしてもらいたい。

 

いつもそう考えています。

 

では、どうやったら楽しい行動になるのか。

 

正直、まだ上手い回答は頭にはありません。

 

ただ、これだけは言えます。

 

「働き方」は「生き方」である、と。

 

働かないと生活費が稼げないので生きてはいけませんが、働くってもっと高く深く広く、自己実現のためにあるものではないでしょうか。

 

僕は働くことにいつもワクワクしているし、常に自分なりの働き方を追求しています。

 

このブログでは「働き方」というワードをテーマに書き綴っていこうかと思います。

 

たまには脱線することもあるかもしれませんが、加藤の独り言だと思って温かく見守ってください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す